テーマ:信州 白馬・栂池周辺観光情報

栂池自然園 開園 ! トレッキングプランご利用下さい

6月1日 栂池自然園開園しました。 ・・・と、もうすでに水芭蕉が咲いており間もなく見頃です。 こんな早く見頃を迎えるのは初めてのことです。 例年だとまだ一面の雪景色、水芭蕉の見頃は6月下旬から7月上旬、1か月近く季節がずれています。 雪の少なかったことがこんなにも影響しています。 ちなみにこちらが昨年の7月2日、同じ場…

続きを読むread more

山菜パラダイス

今年もやってきました、山菜の季節。 例年より極端に雪の量が少なかった今年は雪解けも早く 山菜もいつもよりだいぶ早く収穫できるようになりました。 山ほどの山菜、1年中お出しできるよう頑張って保存してしていますが、 旬の今ならではの多品種の盛り合わせ、とれたての天ぷらなどお目当ての方はお急ぎください! 今まさに真っ盛り、…

続きを読むread more

生産者の紹介  アラヤシキの住人たち ~ 本と映画のご案内

小谷村の中でも人里離れた山の中、車の通れない山道をしばらく歩いていくと集落があります。 まるでおとぎ話のような世界ですが、そこでは今も自給自足に近い暮らしを続けている人たちがいます。 シャンツェで公私ともにお世話になっている共働学舎の方達、 その暮らしの原点である真木集落のお話が写真絵本&映画になりました。 写真絵本では…

続きを読むread more

白馬 栂池 スキー場情報&スノーシューツアー・ヘリコプタースキーツアーご案内

2014年 スキーシーズン 最新ゲレンデ情報・ヘリスキー・ガイドツアー案内 スノーボードイントラkumaブログ シャンツェに冬の間居候中の”熊ちゃん”こと熊崎君(栂池スキースクールのスノーボードインストラクター)が ゲレンデ情報始め、イベントや大会、スノーボード関連のアレコレをほぼ毎日発信しています。 スノーナビゲレンデレ…

続きを読むread more

山に魅かれて

4月中旬 現在の栂池高原、シャンツェの玄関からはアルプス連峰、白馬乗鞍岳から鹿島槍ヶ岳まで一望です。 今年は残雪が多くスキーや栂池自然園の大雪原散策もゴールデンウイークまで楽しめます。 まもなく新緑、そして登山の季節です。シャンツェから仰ぎ見るアルプスの山々も近づくほどに迫力満点です。 鹿島槍ヶ岳、五竜岳、八方尾根から唐松岳、白馬…

続きを読むread more

栂池自然園 開園

水の入った田んぼに残雪の山が映るこの時期ならではの美しい光景が広がる栂池高原。 本日5/20よりゴンドラとロープウエイの運行開始、栂池自然園まで登ればそこは別世界、 大雪原の中、雪解けの合間に水芭蕉の花が咲き始めています。   「塩の道」から見るシャンツェとアルプスの山々。木立の中に百体観音があります。新緑の散策が楽しめま…

続きを読むread more

栂池高原スキー場のご案内

本日1月8日正午 プチホテルシャンツェ(右隅)前からの景色。 こんな快晴の日には白馬連峰を背景に 栂池高原スキー場の誇る広大な緩斜面 ”鐘の鳴る丘ゲレンデ”から 上級者向けの細長い急斜面 ”馬の背コースまで良く見えます。 シャンツェの裏のノルディックコースも整備され、スキージャンプ台にも練習の人が・・ 40M級の小型ジャ…

続きを読むread more

生産者の紹介~日本海の幸 紅ずわいがに ― 能生 かにや横丁 ―

 小谷村は海無し県の長野県にありますが新潟と県境の村で、日本海までわずか40キロメートルです。 ですから山深い小谷村でも新鮮な海産物も手に入りやすいのです。 昔は”塩の道”を通って信州へ塩や海産物が運ばれました。 シャンツェの横から塩の道をたどって行けば山道・峠道経由の古い街道が今なお海まで続いています。 そんな ”古道塩の道”…

続きを読むread more

秘境小谷村 フォトツアー

今年の秋、小谷村の隠れた名所をまわるフォトツアーが行われました。 栂池を拠点に1泊2日(日帰り参加も可)で小谷村と近隣の市町村をまわります。 ガイドブックになかなか出ていない秘境、絶景もあります。 紅葉の状況、天候、時間などを考慮しガイドさんにおまかせのお楽しみツアーです。 今回は村の企画でしたが個別にガイド付きツアーの企画もで…

続きを読むread more

塩の道 葛葉峠(くずはとうげ)~天神道(てんじんどう)越え

前日、大網峠越え の続きの道 雨飾山を望む大網の集落からスタート 山道を抜け、姫川を渡り葛葉峠へ向かう 葛葉峠の途中にある栃の巨木「ボッカトチノキ」荷を運んだ歩荷(ボッカ)が休んだ木陰から左側に明星山が見える 国道を通る新しい国界橋の脇から蒲原沢沿いの古道へ抜けていく。時を遡ったように石仏に出会う(猫鼻石仏群) 険し…

続きを読むread more

塩の道 大網峠(おあみとうげ)越え

11月6日 おたり塩の道の会 大網峠越えツアー  街道一の難所、越後と信州を結ぶコース(歩行8km 約5時間) 新潟県側 越後の山口関所跡、塩の道資料館からスタート。日本海を望みながら塩の運ばれた道をたどります。 日本海を後に頚城連山、焼山、雨飾山を眺め白池を目指す 白池の水面に映る頚城駒ケ岳、鬼が面山、雨飾山 角間池とガニ池…

続きを読むread more

ご案内 ●NHK 栂池自然園の放送 ●小谷村中学校講演 

● NHK国際放送番組 Japan Biz Cast 栂池自然園取材の様子  この夏、ブームになった「山ガール」 昨年ごろから若い女性を中心にスパッツにスカート、カラフルなウェアやリュックなど 登山におしゃれな要素を取り入れたスタイルが人気です。 そんな「山ガール」の実態を現地で取材する為にNHKのスタッフの方々がお越しになりまし…

続きを読むread more

小谷村のイイトコロ 

いつになく素晴らしいパンたちの写真。  自分で撮ったのではありません。プロの仕事です。 小谷村のあれこれを紹介しているホームページ 「おたり村のイイトコロ」 に取り上げていただきました。  いつもパンの写真をうまく撮りたいと思いつつ、 パンを焼いている時はなかなか落ち着いて写真を撮っている余裕がありません。 たまに自分で撮…

続きを読むread more

塩の道 秋の峠越えツアーのご案内

小谷塩の道の会では秋の盛りの峠を越えながら塩の道をたどるツアーを計画しています。 いくつもの峠を越え、巨木あり、吊り橋あり、神社あり・・・  峠からの大展望と往時の塩の道の風情を楽しみます。 それぞれ1日ごとの参加もできますので宿泊とあわせてご計画下さい。 各日程 1日の歩行距離7~8キロ 約4~5時間です。 地蔵…

続きを読むread more

ウォーク&フォトツアー 秘境 信州小谷村 のご案内

小谷村では普段の観光では行くことのできない秘境・絶景を巡るフォトツアーを企画しています。 写真に興味がない方でも山里歩きが楽しめます。  詳しい案内 こちら 第2回 11月13日(土)14日(日)2日間のツアーはプチホテルシャンツェが指定宿です。是非ご利用下さい。 シャンツェに直接お申し込みいただき現地参加できます。 詳細ご案内…

続きを読むread more

白馬乗鞍岳 白馬大池 登山情報

栂池自然園入り口に立つと一番手前にそびえているのが白馬乗鞍岳。自然園の横に登山口があります。 約1時間ほど登っていくと天狗原に出ます。猛暑の影響かこちらの湿原も干上がっていました。(8月30日現在) 乗鞍岳の斜面 岩場を登っていきます。残雪、雪渓も大分溶けて少なくなりました。 雪渓を越えれば間もなく頂上ケルン 天狗原より約1時間…

続きを読むread more

ブルーベリー酵母 ・ ブルーベリー園摘み取り 

真夏の果実 ブルーベリー 白馬村にはブルーベリーの摘み取りができる直売所があります。 1haの敷地に7品種 約2300本の木があり、品種によって収穫の時期が違うため 7月~8月中は摘み取りができます。 ブルーベリーはあまり虫がつかないようで無農薬で育てる所が多いです。 こちらのしろうま農場 白馬ブルーベリー園も無農薬栽培。 …

続きを読むread more

プチホテルシャンツェ施設と周辺のご案内

プチホテルシャンツェのご案内 栂池高原スキー場で営業を始め、この冬30周年を迎えます。大勢の方に利用していただき感謝致します。 豪雪の地で長い年月を経て、外観は古くなりましたが、当時には珍しいバス、トイレ付の客室、スキーのジャンプ台の形に吹き抜けになったダイニングなど、丈夫でゆったりした造りです。何より北アルプスの景観が素晴らしい所…

続きを読むread more

深山遊園北野の郷にて  たけのこ狩り・なめこ狩り・小谷探検ツアー

6月 小谷村はたけのこ狩りの季節 深山遊園北野の郷ではたけのこ狩りツアーがあり、収穫体験が出来ます。 根マガリダケは雪深い山にしかなく、雪解け後、強い生命力で地面の下から現れます。まさに大地の恵み! ちょっと1人では入っていけない奥山へ、地元の方が連れて行ってくれます。 それだけではありません。とれたての竹の子汁、山菜、ヤマメ…

続きを読むread more

鎌池 雨飾山麓 新緑情報

6月中旬の雨飾山の姿 湯峠からと雨飾高原キャンプ場から キャンプ場からすぐの雨飾山の登山口を入ると湿地帯があり高山植物や柳の巨木、滝などが出迎えてくれます。 本格的な登山が無理な方でも入り口付近で散策を楽しむ事が出来ます。 こちらは近くの鎌池。池の周りブナの原生林の中、2kmの遊歩道があり色々な角度から景色を楽しめます。…

続きを読むread more

栂池自然園 水芭蕉祭り(6月19日~27日)のご案内  6/7現在自然園の様子

恒例の栂池自然園水ばしょう祭りが今年も行われます。(6月19日~27日) 残雪と新緑、水芭蕉をお楽しみ下さい。餅つきや抽選会もあります。 プチホテルシャンツェでは水ばしょう祭りの期間、栂池自然園トレッキングパックを500円割引にしています。 通常の宿泊パックよりさらにお得、オムスビも付いています。是非ご利用下さい。 現在の自然園…

続きを読むread more

新緑と山菜の季節 たけのこ(根曲がり竹)狩りも楽しめます

プチホテルシャンツェ(上の写真 右端の白い建物)の前の田んぼに、北アルプスの山なみが映ります。 シャンツェ(下の写真 左下の白い建物)の裏にある前山へ登れば栂池高原の全望が広がります。 残雪の山と新緑 そして青葉、深緑へと彩られるこの時期は大地も萌える季節です。 可憐な野の花も素敵だけど、活力に満ちた山菜も魅力的。 様々な山菜が栽…

続きを読むread more

小谷村イベント情報

新緑の季節がやってきました。里山歩きに良い頃です。野の花、山菜、山桜 残雪の山・・・ 小谷村ではこの土地の素晴らしさを体感していただく様々なイベントを企画しています。 毎年恒例の 雨飾り山登山 塩の道ツアー 栂池サイクルのほか たけのこ狩りツアー 巨木巡り 名所撮影ツアー 田舎体験 等々もりだくさん。 普通の観光とちょっ…

続きを読むread more

白馬・栂池高原おすすめ観光情報 ~ 塩の道 早朝ウォーキングツアー

小谷村には古くから残る塩の道のコースが歩き易いように整備されています。 栂池高原から行ける千国越えコースは昔の面影残る史跡が多く、塩の道祭りでも大勢の人で賑わうコースです。 プチホテルシャンツェのすぐ横から散策コースとなっていて森林浴しながら歩ける人気のコース、 お泊りのお客様も朝に晩にと散歩にいかれますが 今年の春からガイド付…

続きを読むread more

春スキーの楽しみ ④雪の森 雪の原 

例年より雪の残りの多い今年の春ですが、全国的な寒波で東京でもまさかの雪が降った4月16日 翌日は晴天 栂池高原はこの上ない新雪に恵まれました。 こんな時はゲレンデだけではもったいない。ゴンドラの終点からロープウエイの乗場へ・・・ と向かう途中でちょっと寄り道・・・    誘われるように森の中へ 奥へ行くほどに静寂が広がり、樹の間…

続きを読むread more

春スキーの楽しみ ③ヘリコプタースキー&スノーボードツアー

栂池高原スキー場で行われているヘリコプタースキー&スノーボードツアーは 標高2200mの天狗原から標高800mの山麓まで約14kmのロングダウンヒルが楽しめます。 ツアーが行われる日は 毎回お客様が滑る前にコースの点検が行われています。 プチホテルシャンツェの長年の居候、スノーボードインストラクター ”熊ちゃん”が 当番でコ…

続きを読むread more

春スキーの楽しみ ②バックカントリースキー

栂池高原スキー場は5月5日まで営業しています。 3月13日~5月5日まではロープウエイが運行されバックカントリースキーが楽しめます。 プチホテルシャンツェでは割引のリフト券付きの春スキー宿泊パックがあります。 ガイド付きツアーもいろいろあります。 詳しくはお問合せ下さい。 お天気の良い日はゴンドラの終点、栂の森山頂駅は多くの…

続きを読むread more

春スキーの楽しみ  ①スノーシュー鎌池散策

ゲレンデスキーだけではない雪の楽しみは春が近づくとますます広がります。 信州栂池高原をベースにしてこの時期ならではの様々な楽しみ方をご紹介します。 (詳しくはプチホテルシャンツェにお問合せ下さい) スノーシュー散策のコースはいくつかありますが少し足を伸ばして 雨飾り山麓、鎌池へ (写真は3月1日のもの) 小谷温泉 山田…

続きを読むread more

初雪の大渚山 登山

急激に冷え込んだ昨日、小谷村の山沿いではあちこちで積雪がありました。 そして本日は快晴!またとない絶好のチャンス、山へ向かいました。 行き先はちょうど2週間前に登った大渚山。この前(10/21)は紅葉狩り、今日(11/4)は新雪登山。 念のためスノーシューをしょって出かけましたが、登山靴のまま最後まで快適な雪質でした。 様変わり…

続きを読むread more

天狗原山・金山 登山

金山登山道の入り口からほんの15分ほど登った所にブナの巨木があります。 幹まわり6メートル以上、樹齢約300年、長野県で一番の大きさだといわれています。 初めからこんな出会いに迎えられ、さあ、頑張っていこうと気合が入ります。   林の中は枯葉の絨毯、残る葉もしっとりと晩秋の風情。葉を落としたダケカンバの白い幹が青空にまぶしい。 …

続きを読むread more