八方尾根から唐松岳登山情報 Enjoy autumn mountain

夏の賑わいがひと段落、静かな季節へと向かう秋の山をお楽しみください。
プチホテルシャンツェでは八方尾根アルペンラインの割引券をご用意しています。
唐松岳登山にもご利用いただけます。栂池自然園トレッキング白馬大池登山とあわせてご利用ください。
画像
唐松岳山頂への最後の登り、中腹から唐松岳山荘を振り返る。山荘から約20分で山頂へ。


まず、一般の観光の方でも手軽に楽しめる八方尾根トレッキングコースのご案内です。
ゴンドラとリフトを乗り継ぎ標高1830mの八方池山荘へ。八方池まではコースタイム1時間10分の登り。
リフトを降りれば白馬村周辺が一望できます。黄金色に変わり始めた田んぼが目につきます。
画像

八方池は霧の中、それでも時折ガスの合間に池や白馬三山が姿を見せてくれました。
画像

画像

時間と体力に余裕があれば唐松岳を目指して登山路へ。八方池からコースタイム2時間30分の登りです。
画像

登るごとに植生が変わり固有種も多い。扇雪渓周辺ではナナカマドやヒョウタンボクが赤い実をつけています。
画像

ガスのおかげで雷鳥も姿を現しました。まだ若いオス(?)の雷鳥。
画像

ハイマツの実を食べた跡はホシガラスでしょうか。冬に向けてたくさん貯金もしたようです。
画像

唐松岳山荘の方の話では7月10日に登山道が崩れ、急遽冬ルートを整備したそうです。慎重にお進み下さい。
画像

稜線に出たとたんにガスを突き抜け山頂が目前に迫りました。もうひと頑張り、20分で山頂です。
画像

唐松岳山頂からの景色。晴れれば五竜岳、剱岳、立山連峰、遠く日本海も望めます。
画像

幕開けのように登場した不帰の瞼(かえらずのけん)。その名の通り、人を威圧する堂々たる佇まい。
画像

山荘付近から唐松岳山頂と剱岳。唐松岳へは日帰り登山も可能ですが、五竜岳、白馬岳へ縦走ルートも有ります。
画像


秋のトレッキング、登山にご利用下さい。登山中の車預かり、早朝の朝食、おむすびの用意等も可能です

八方アルペンライン 割引チケット 2610円(定価2800円) 10月28日まで 
乗り場までシャンツェから車で15分

栂池自然園トレッキングチケット   3220円(定価3600円) 10月30日まで 
乗り場までシャンツェから徒歩7分

プチホテルシャンツェ宿泊者の皆様へ
栂池自然園トレッキングプラン おむすびとお茶の無料サービスがあります