ガドーショコラの作り方

画像 画像
パン屋さんが一年で一番忙しいといわれる12月。私も頑張って焼いています。
贈り物に人気 シュトレンとガドーショコラ
今年もご注文いただいた皆様、有り難うございます。
ブログでの案内ができませんでしたが、ご希望の方は連絡下さい。まだ間に合います!

シュトレンはクリスマスの時期のみですが、ガドーショコラは1年を通して焼いています。
次のピークはバレンタインデーですが、作り方を良く聞かれるのでご紹介します(シュトレンの詳細はこちら

材料  チョコレート 200g  バター200g 生クリーム 50cc
     卵 10ヶ  砂糖360g  ココア 100g 小麦粉 80g
(21cm丸型3台分ですので調整して下さい。②で使うボールに他の材料を加えていくので大きめを用意)
         
① チョコレートとバターを一緒に溶かす
② 卵のキミと砂糖200gを泡だて器ですり混ぜ、①と生クリームを加えさらに混ぜる
③ ココアと小麦粉をふるいにかけて加え、混ぜる
④ 卵白と砂糖160gをツノが軽く立つまで泡立て、2回に分けて③に加える
     このとき最初のメレンゲは全体にいきわたらせるように良く混ぜ、
     後半は泡をつぶさないようふんわりと混ぜ込む
⑤ 型にいれ180度のオーブンで30~40分焼く
画像 画像 画像

画像 画像 画像

シャンツェでは信州の地粉と卵で焼いています。脂肪分の高い生クリーム、
カカオ分70%のクーベルチュールチョコレートとオーガニックココア等、素材の良さが決め手です。
クーベルチュールチョコレートが手に入らなければ市販の板チョコ(なるべくブラック)
でも出来ますが砂糖の量を若干減らして下さい。

2~3日してからの方がずっしりとチョコレートのコクが出ます。2週間ほど日持ちします。
生クリームを添えるとチョコレートの濃厚さが引き立ちます。
ナッツやフルーツを加え薄くブラウニーのように焼いても美味です。