生産者の紹介~日本海の幸 紅ずわいがに ― 能生 かにや横丁 ―

画像 画像
小谷村は海無し県の長野県にありますが新潟と県境の村で、日本海までわずか40キロメートルです。
ですから山深い小谷村でも新鮮な海産物も手に入りやすいのです。
昔は”塩の道”を通って信州へ塩や海産物が運ばれました。
シャンツェの横から塩の道をたどって行けば山道・峠道経由の古い街道が今なお海まで続いています。
そんな ”古道塩の道” をゆっくり歩く事をお勧めしている私ですが
じつは国道を車で行けば海まで1時間たらずの距離、夏は海水浴へ行くお客様もいるぐらいです。
今回は今が旬!の味覚、日本海の紅ずわいがにを紹介しましょう。

海沿いの道の駅 マリンドーム能生には かにや横丁があり、9軒のかに屋さんが並んでいます。
漁に出るのは男性、店で売るのは女性の仕事のようで、かにや横丁は女の人の活気であふれています。
シャンツェがお世話になっているのは 「惣栄丸(そうえいまる)」 皆さん、きさくでおおらか、
いつもおまけしていただき、10数年のお付き合いになりました。
画像 画像
紅ずわいがには禁漁の時期を除き1年を通して漁がありますが、これからの寒い時期が特に美味しい時です。
とりたてをすぐ浜茹でしたものを販売しています。その場でも食べられますしお土産に買っても帰れます。
能生の紅ずわいがには他のかに(毛ガニ、タラバガニなど)に比べてお手ごろなのに
身のつまりも旨みもたっぷり、かにミソも美味、かにを食べた という満足感いっぱいになります。
独特の風味があるのでしょうゆなど無しで食べる方がよいそうです。
 
惣栄丸さんでは通信販売もしています。(3000円位~ 代金引換の宅急便も利用できます)
インターネットでも申し込めますが、電話で直接お願いすると良いと思います。
贈答用に見栄えの良いものとか、不揃いでよいからたくさん、など要望に応じてくださいます。
B級品おまかせセットなど、足の折れや小さめのものが混ざりますがたっぷり食べたい自宅用には最適です。
クリスマス、年末年始、お歳暮などのご利用にお勧めします。

ドライブでお立ち寄りの際、またネットや電話でご注文の際など
「シャンツェの知り合いです」 または「シャンツェで食べました」 または「ブログで知りました」
と伝えるのをお忘れなく!

惣栄丸(そうえいまる) インターネット販売
販売店 TEL・FAX (025)566-2553