テーマ:自然・森林

初雪の大渚山 登山

急激に冷え込んだ昨日、小谷村の山沿いではあちこちで積雪がありました。 そして本日は快晴!またとない絶好のチャンス、山へ向かいました。 行き先はちょうど2週間前に登った大渚山。この前(10/21)は紅葉狩り、今日(11/4)は新雪登山。 念のためスノーシューをしょって出かけましたが、登山靴のまま最後まで快適な雪質でした。 様変わり…

続きを読むread more

天狗原山・金山 登山

金山登山道の入り口からほんの15分ほど登った所にブナの巨木があります。 幹まわり6メートル以上、樹齢約300年、長野県で一番の大きさだといわれています。 初めからこんな出会いに迎えられ、さあ、頑張っていこうと気合が入ります。   林の中は枯葉の絨毯、残る葉もしっとりと晩秋の風情。葉を落としたダケカンバの白い幹が青空にまぶしい。 …

続きを読むread more

明星山 登山

切り立つ絶壁、立ちはだかる岩肌。 ロッククライマー達を魅了する山、明星山。  ドライブでいける高浪の池、ヒスイ峡からは力強い景観と共にこの岩を登るクライマー達を見物するのも人気です。 今日は岩登りの人はいませんでしたがハーケンの打ちつけられた岩肌を間近に、想像するだけでもスリル満点。 私達は普通の登山ルートで登るのに、なぜか腰が引…

続きを読むread more

雨飾山・大渚山 紅葉情報

3日前、鎌池の紅葉がすばらしかったので再び雨飾山麓へ。林道妙高小谷線からの展望。 アルプス連峰と大渚山(おおなぎやま)、右手には雨飾山(あまかざりやま)も近くに望める絶好のポイント アルプス遠景の中央、雪をかぶった頂が白馬三山 その麓の栂池高原にプチホテルシャンツェが位置しています。 今日はお客様と大渚山登山、とんがった先を目指し…

続きを読むread more

雨飾山・鎌池周辺 紅葉情報 (見頃となりました)

紅葉の見ごろとなった雨飾山、鎌池へと出かけてきました。 穏やかな秋の日、鎌池の水面は山や紅葉の木々を映す水鏡となりました。  金山、天狗原山を雄大に映し出す広い水面。 鎌池一周2㎞のコース、池の向こうに頂を見せる雨飾山(あまかざりやま)と 大渚山(おおなぎやま) 鎌池をはなれ別の角度から見ると山の表情も変わります。登山にもよい…

続きを読むread more

秋の味覚   山栗 さるなし

色とりどりの秋の山。紅葉に混じって つる梅もどきの実もはじけ彩どりを添えています。 森の中はきのこや木の実 果実等の恵みもいっぱい。 山栗、くるみ、栃の実、サルナシ、山ぶどう、、、 動物達に先を越されないよう集めます。 山でみのる野生の木の実や果実は、大きさは小さいけれど味は濃厚。 コクと深みのある味わい、大地のエネルギーがぎ…

続きを読むread more

秋の味覚 原木きのこ

実りの秋です。 森の恵み、栗や原木のきのこも出始めました。 1年中スーパーなどで出回っているパック詰めのきのこ類は ほとんどがオガクズに栄養を添加して無菌室工場で生産されたものです。 原木きのこはコナラなどの丸太に菌を打ち、林に置いたり地面にうめたりして発生させたものです。 自然に近い状態で育つため、天然きのこに近い香りと味を持ち…

続きを読むread more

栂池自然園・白馬乗鞍岳・白馬大池  紅葉情報

今年は例年より紅葉の時期が少し早めです。  (9月25日現在の様子) 白馬乗鞍岳、白馬大池周辺は1週間ほど早く紅葉のピークを迎えています。(登山情報はこちら) 天狗原手前の斜面より白馬乗鞍岳が姿を見せる        天狗原より左に白馬三山から爺ヶ岳まで望める 紅葉に埋もれ白馬乗鞍岳の斜面を登っていく 中央の黒点は登山者  …

続きを読むread more

鎌池 紅葉情報

(紅葉のピーク、秋の最新情報はこちらにあります) 日本百名山 雨飾山の麓にある鎌池 奥深い山の中にあり普段は静かな池ですが紅葉の季節には大勢のカメラマンが訪れます。 まだ色づき始めたばかり 平日でもあり静かなたたずまいの池もしっとりとして素敵です。 この鎌池周辺は小谷村探検バスツアーのコースにも入っていますし、森林セラピーの基地に…

続きを読むread more

白馬・栂池高原 秋の観光情報~唐松岳

八方池トレッキングコースの続きです。八方池までは木道などで比較的歩きやすくなっていますが、この先は登山道となり登山用の装備が必要となります。雪渓、ダケカンバの林、お花畑など変化に富んだコースが続きます。 稜線へ出れば谷を挟んで白馬三山がますます間近に・・ 角度が変わったので白馬岳は後方に黒くたたずみ 反対に不帰の嶮(かえらず…

続きを読むread more

白馬・栂池高原 秋の観光情報~八方池トレッキング

栂池自然園トレッキングと共に人気の高い八方尾根トレッキング 唐松岳へと続く尾根の途中にある八方池までがトレッキングコースとして親しまれています。ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、降りた地点は標高1800m。 高山の景観が広がります。 八方池を目指し約60分の登り 迫る山肌に胸高鳴る思い 堂々たる白馬三山を間近に楽しむ 標高20…

続きを読むread more

おすすめ観光情報 ~天狗原 白馬乗鞍岳 白馬大池

栂池自然園のすぐ横の登山道は別の世界への入り口でもあります。自然園を後に1時間ちょっと登ると天狗原に到着。 高山植物、水面に映る山、標高2200メートルの高層湿原地帯です。ここから白馬乗鞍岳へと登り上げていきます。 登りながら、振り向けば天狗原全景。背後に連なる山並み、右手には風吹岳 花々に励まされ、 雪渓を登り上…

続きを読むread more

栂池自然園トレッキングパック

プチホテルシャンツェでは栂池自然園トレッキングパックが人気です。 パノラマウエイ料金(ゴンドラ+ロープウエイ通常3000円)+自然園入園料300円 にオムスビやお茶をつけたお得な宿泊パックです。宿泊代+2900円でご利用いただけます。   ゴンドラ約20分、ロープウェイ約5分を乗り継いで標高2000メートルの高層湿原地帯へ。 …

続きを読むread more

お勧め観光情報~塩の道(千国街道・千国古道)

日本海(新潟県 糸魚川)から松本城下まで約120キロを結んだ古い街道は”塩の道”とも呼ばれています。 海側から塩や海産物 信州側からは麻やタバコ、大豆などが運ばれた生活、経済の道です。 小谷村には塩の道をたどる8つのコースがあり自然豊な山道や昔の風情の残る集落や石仏、古い建造物をたどりながら歴史や文化に触れる事ができます。 シャン…

続きを読むread more

白馬・栂池高原 おすすめ観光情報~小谷村 歴史と巨木めぐり

今年の夏~秋 栂池高原、白馬周辺のイベントやプランを少しづつご紹介します。 プチホテルシャンツェでは各プランとあわせた宿泊パックがあります(詳しくはお問合せ下さい) 小谷村探検バスツアー 歴史と巨木めぐり  今年初めての企画 小谷村の隠れた名所へバスでご案内するツアーです。 栂池高原からバスが出ます。(シャンツェより徒歩5分…

続きを読むread more

いちご 木いちご 野いちご

  いちごジャムを作っています。信州産、路地物はこれからが旬です。 少しゆるめのソースはヨーグルトやデザート用に とろりと煮詰めたジャムは白焼きにしたフォカッチャなどシンプルなパンと共に どちらも実を丸ごと残すプレザーブタイプです。 水と一緒にビンにつめ、パン用酵母も仕込みました。 庭ではラズベリー、ワイルドベリーの…

続きを読むread more

麦の稔り

春です。栂池高原スキー場では五月の連休までスキーが楽しめますが 暖かな陽気、のどかな日が続いています。 12月に部屋の中でお皿に蒔いた麦が芽を出し、植木鉢に植え替えておいたものが育ちました。 立派に穂をつけ一人前の麦になりました。 いつもパン、菓子、うどんや料理に使っている小谷村の麦を  収穫を願う行事、”バルバラの麦”になら…

続きを読むread more

生産者を訪ねる~白馬のお米

新しい年が始まりました。 シャンツェの元旦の朝はお雑煮とおせち料理で明けました。 この日ばかりは自家製酵母パンはありません。 パンを捏ねる代わりに餅つき機でお餅をつきました。夕食は紫米。紫米は黒米、赤米とともに古代米といわれるように日本のお米のルーツであり 昔から神事やお祝いの席で利用されていたそうです。 白米と一緒に炊くと全…

続きを読むread more

部屋の中の麦畑

12月4日のバルバラの日に室内でお皿に麦まきをすると麦が少しずつ育ち クリスマスの頃にはお皿の中に小さな麦畑が出来る  ― そんなフランスの行事を知り試してみたバルバラの麦が立派に育ちました。 暖かな日が続いた最近ですが昨日は少し雪が降りホワイトクリスマスらしくなりました。 窓の外、白銀に輝く山々を背景に新しく育つ緑の…

続きを読むread more

生産者を訪ねる~蕎麦 小麦

小谷村の伊折地区では同じ畑で小麦と蕎麦を二毛作で育てています。 米や野菜と共に色々な作物を育てながら里山の畑を大切に守っています。 刈り入れた蕎麦や麦の実は外の建物に保存されています。 蕎麦や麦は挽いて粉にするとそれほど日持ちしませんが、 外殻つきの実のままで保存しておくと1年間持ちます。 蕎麦粉も小麦粉も挽きたての物は風味が…

続きを読むread more

バルバラの麦

本日12月4日は、南フランスでは聖バルバラの日として、 麦の生長を願う行事が行われる日だそうです。詳しくはこちら この日お皿に水を張り、そこに麦を蒔きます。 少しすると緑の芽が出て細長く伸び、ちょうどクリスマスの頃に お皿の中に小さな麦畑が出来るのだそうです。 外の畑に蒔いた麦は一冬を過ごした後、春になってから大きく育ちま…

続きを読むread more

エコプラザに行ってきました

先週、舟田詠子先生のパンの講演があり上京した際に念願のエコプラザによってきました。 今年6月オープンした港区立環境学習施設です。 環境、食、森林・・・自分の暮らしとたくさん接点があると感じ、是非行ってみたいと思っていました。 「毎日がアースデイ(地球の日)」を目指し 3つのテーマ、 ・CO2フリー ・オーガニック ・…

続きを読むread more

森に棲む野生の酵母菌

私達が暮らしている小谷村は面積の約90%が森林です。 各地の里山から少し奥へ入っていくとあちこちに森が広がっています。 秋、静かな眠りにつく前の森は最後の賑わいを見せてくれます。 木の葉は彩られ 木の実やきのこ、あけびやサルナシ、山ぶどう等の 豊かな恵み。 鳥のさえずりや虫の音、ウサギやカモシカ、クマの糞もあります。 深い森の…

続きを読むread more

暮らしに根付く

大切な友人でありお客様でもある戸高雅史、優美夫妻 率いる一団がシャンツェにやってきました。 お二人は自然を活動の場とした野外学校を主宰していて、自ら子供を育てながら親子が共に育ちあう野外活動を続けています。 世界的な登山家でありながら記録や名声から離れ、自分達の暮らしの足元から生きる事の豊かさを探ろうとするご夫妻の元には、同じような…

続きを読むread more

山ぶどうの季節

   やってきました、山ぶどうの季節。 秋は実りの季節。とっても忙しいのです。 プルーンとネクタリンのジャムが仕上がった!と思ったら、次は りんごが待ちかまえているし、 紅葉狩りや栗拾いにも行かなくっちゃ。 (今年の紅葉は見事な彩り シャンツェHP栂池高原最新情報ご覧下さい これから栂池自然園~山麓へと 紅葉が降りてきます。栗…

続きを読むread more

鎌池にて 森林セラピー講習

日本百名山、雨飾山の麓に広がるブナ原生林の中に静かな鎌池があります。 小谷村の森が森林セラピー基地に認定されたのを受け、モデルコースの1つ、鎌池にて勉強会が開かれました。 森には人間の心、体、脳に与える様々な力があり、その効果が科学的にも医学的にも実証され始めたそうです。 森林の癒し効果を積極的に受けて、心身ともに健康に過ごす事に…

続きを読むread more

生産者を訪ねる~野豚 (放牧豚)

北アルプスの山麓には放牧で育てている食用の豚がいます。 この地域では ”野豚” と呼ばれます。 何軒かある養豚場の1軒、小谷村の松井さんは、春から秋まで、ずっと豚の面倒を見ています。 赤ちゃんだった豚が、半年で100キロ以上に育ち、出荷されます。(春の豚たちの様子はこちら) それまでこの広々とした山の中で自由に動き回り、急な…

続きを読むread more

雨飾キャンプ場にて パン販売

百名山の一つ、雨飾山(あまかざりやま)の麓に雨飾キャンプ場があります。 ブナの原生林の広がる雨飾山の登山口です。 今日はそこに行ってます。 私ではなくパン達だけが。 昨夏、パンの販売を始めたばかりのころ、全くの無条件で私のパンを仕入れてくれました。 その日、出来たパンを何でもまとめて持っていってくれるのです。 今年の夏も…

続きを読むread more

季節の香りを楽しむ NO5 山栗

 暑い日の続いた9月ですが、あら、栗がもう拾える! いつの間にか秋になっていました。 すぐ裏の山、塩の道沿いで山栗が拾えます。(左上部 道の向こうの白い建物がシャンツェ) 山栗の実は小さくて虫食いだらけ、とても手間がかかってほんの少しにしかならないけれど、 1つ1つ実をかき出して栗クリームを作ります。 森のめぐみ、濃厚なナッツ…

続きを読むread more

幸福な時間に立ち会う幸せ

お泊りのお客さんからの依頼でケーキを焼きました。私の時より明らかに豪華です。 還暦のご両親に娘さんたちから内緒のプレゼントだそうで、花屋さんにお花も頼みました。 思いがけない贈り物、可愛らしいお孫さんたちのバースディソングに 思わず涙ぐんでしまう「ばーばちゃん」の姿や今日1日の出来事を語り合う食事風景。 こんな風に幸せな光景に居…

続きを読むread more