テーマ:信州 白馬・栂池周辺観光情報

八方尾根~唐松岳 夏山情報

夏山のシーズンになりました。シャンツェから八方ゴンドラ乗り場まで車で15分、ゴンドラとリフトを乗り継ぎ、八方池山荘から八方池までのトレッキングはコースタイムで約1時間20分です。八方池から唐松岳までは登山装備が必要となり、コースタイムで約2時間30分、北アルプス登山の入門コースとして人気があります(残雪期の写真を下記リンクで…

続きを読むread more

栂池自然園トレッキング案内

栂池自然園は残雪と新緑の季節です。これから夏に向け様々な高山植物が次々と咲き誇り、秋の紅葉から晩秋までトレッキングを楽しむことができます(栂池自然園は6月1日から10月31日まで開園)宿泊のお客様にはトレッキングチケットの割引販売とおむすびの無料サービスがあります。 栂池自然園ゴンドラ乗場まで徒歩6~7分の立地。 割引のトッ…

続きを読むread more

水鏡の季節です

お待ちかねの方が多い北アルプスの水鏡、今年も出現する時期になりました。お天気の良い日はシャンツェの周辺あちらこちらに逆さ北アルプスが映し出されています。

続きを読むread more

イタヤカエデの樹液採取@動画

小谷村では冬の間、イタヤカエデの樹液をとっています。 「楓のパン」はこの樹液と地粉で酵母を培養し、仕込みの水の代わりに樹液を100%使用したものです。森のエネルギーをいただきパンにしています。現場の様子を是非、動画でご覧下さい。

続きを読むread more

栂池ロープウェイ早春運行 開始 2020年2/22~5/6

今年は例年より早くロープウェイの運行が始まりました。 登山届とレクチャー受講が必要です。バックカントリー、栂池自然園散策などゴールデンウイークまで楽しめます。 シャンツェではスノーシューのレンタルも可能です。雪山の世界、お楽しみください。

続きを読むread more

小谷村の森からイタヤカエデの樹液の贈り物

小谷村でこの冬もイタヤカエデの樹液採取が始まります。 樹液をずっと煮詰めていくとおなじみのメープルシロップになりますが、その労力があまりに大変なため、樹液のままでの利用を模索中です。シャンツェではパン作りに利用していますが樹液で淹れた紅茶が秘かな人気を呼んでいます。まだ特別の時しかお出しできていませんが、これから定番にしていくことを検…

続きを読むread more

紅葉の季節

栂池自然園の紅葉は見ごろを過ぎましたが、里から見る紅葉がきれいな季節です。 初冠雪もあり、お天気になると三段紅葉も現れる美しい季節になりました。

続きを読むread more

白馬岩岳観光情報 HAKUBA MOUNTAIN HARBOR OPEN !

ベビーカーを置いてパンを買う・・・なんて街の中では当たり前の光景、 でもここは標高1200メートル以上ある山の上です。 そして店から出るとこの開放感ー 岩岳に絶景テラス&カフェ・白馬マウンテンハーバーがオープン。 出店しているのは都会で人気のベーカリー、NY発のTHE CITY BERKARYです。 ゴンドラ乗車約8分で山頂に到…

続きを読むread more

栂池ノルディック大会 Tsugaike Nordic competitions

栂池ノルディック大会が開催されています。(今日と明日 3月3日、4日) Tsugaike Nordic competitions are being held behind our hotel. プチホテルシャンツェの裏に本物のスキージャンプ台、シャンツェも登場しました。 ジャンプ台の整備風景です。上部から見るとこんなに急斜面、…

続きを読むread more

スキーシーズン 最盛期 See you next ski season !

2月中は雪の量も質も安定する時期で栂池高原もスキーのトップシーズンを迎えています。 海外からのお客様にも白馬山麓の「パウダー」は評判で大勢のお客様が楽しまれています。香港から昨年もお越しになったなったグループのお客様。慣れたもので成田から栂池までレンタカーでまっしぐら 1週間の滞在中にリクエストで朝食に1回、和食をお出ししました。 …

続きを読むread more

2018年 栂池高原スキー場情報・ご案内

2018年 冬季 栂池高原ゲレンデ情報・ご案内 今年も情報発信しています。 スノーボードイントラkumaブログ シャンツェに冬の間居候中の”熊ちゃん”こと熊崎君(栂池スキースクールのスノーボードインストラクター)が 栂池ゲレンデ情報始め、イベントや大会、スノーボード関連のアレコレを発信しています。 2月中はしばらく滞在し…

続きを読むread more

生産者の紹介 梅の果汁 「限界集落一番」

夏の間、大活躍だったさわやかな風味の梅ジュース、冬の間も思いがけず人気で追加で仕入れに行きました。 一度見たら忘れられない、「限界集落」という名前とご夫婦二人がモデルのロゴマーク。 長野市中条(旧中条村)で「限界集落一番」というブランドで地産地消の商品を開発・販売をしている 常盤さんご夫妻です。 このマークを見かけたら是非商品を購…

続きを読むread more

真冬の楽しみ その2 雪山登山

冬になると現れる栂池の名所(?!) シャンツェ富士。 シャンツェの駐車場にそびえる雪の山、 ソリをしたりかまくらを作ったりジャンプの練習をしたり、大人も子供も楽しめる冬の遊び場です。駐車場を除雪する時に積み上げて作った雪の山で、もとはただの平地です。 雪解けと共になくなる幻の山です。 製作風景をご覧下さい。駐車場の端から順番に、除…

続きを読むread more

真冬の楽しみ その1 スノーシュー散策

当館の裏は前山(まえやま)スキー場でノルディックコースとスキーのジャンプ台(=シャンツェ)があります。 建物の形もジャンプ台のような斜めの形です。それで プチホテルシャンツェ というわけなのです。 この前山周辺はスキーコースやジャンプ台を避ければスノーシューの散策も楽しめます。 小谷村では森林セラピー(森林浴を心身の健康増進に…

続きを読むread more

真冬のご馳走 雪中甘藍(せっちゅうかんらん)

豪雪地小谷村ならではの食材のひとつ 雪中甘藍(せっちゅうかんらん)をご紹介します。 甘藍とはキャベツの和名です。 通常は冬前に収穫するキャベツを畑に残したままにします。 そして雪が積もった後に、深い雪の下から掘り出して収穫します。 収穫したものを雪の中で保存するのではなく、土の中に根を張った生きたままで熟成させているのです。 …

続きを読むread more

本日のゲレンデ

今日は快晴。昨日降った雪のおかげでゲレンデコンディションも上々 栂の森ゲレンデからは北アルプスの大パノラマ 一昨日(1月13日)から、ハンの木HIT PARKもオープンしました 主なアイテムは 15mキッカー2発  6mテーブル3発 3mテーブル3発 jibアイテム9個 その他、ウェーブ、ヒップとなっています 栂池…

続きを読むread more

本日の夕景

冷えています。シャンツェの玄関から望む北アルプス。 夕方の冷たい澄んだ空気に映えるシルエット。 この時期、これから1月下旬頃まで、ゲレンデは雪質が締まり比較的人も少なくおすすめの季節です。

続きを読むread more

Thank you for staying with us!

We are really glad you enjyoed our foods and Tsugaike resort. See you next year ! 年々白馬山麓を訪れる海外のお客様が増えています。 栂池高原は上級者のバックカントリースキーからビギナーやファミリーまで幅広く人気があります。 シャンツェにも毎…

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

雪のお正月です。 元旦の朝は1年で一度だけ、朝食に天然酵母のパンが出ない日です。 今朝の朝食はおせち料理、シャモのお雑煮、筑前煮。 地元産の餅米、卵、肉、豆、野菜… いつもお世話になっている生産者の方々の食材で新しい年を迎えました。 今年もどうぞよろしくお願いします。

続きを読むread more

晴れました

今朝の最低気温 マイナス14℃ この冬一番の冷え込みです。そして久しぶりの青空。シャンツェもゲレンデもご家族連れが増えてきました。 シャンツェの裏のノルディックコースで練習する子供たちの姿も見られます。 いよいよ冬本番です。

続きを読むread more

大雪です

すっかり埋もれました。 本日小谷村は60センチの積雪、 ゲレンデは連日ディープパウダーが楽しめます。

続きを読むread more

スキーシーズンはじまりました

今年は雪の訪れが早く、初滑りを楽しむお客様で賑わっています。 シャンツェでは今年もお得なリフト券をご用意しています。 ゴールデンウィークまで滑れます! 栂池高原スキー場へ是非お越しください。

続きを読むread more

栂池自然園トレッキングプランのご案内

プチホテルシャンツェでは栂池自然園トレッキングプランが人気です。 パノラマウエイ料金(ゴンドラ+ロープウエイ通常3300円)+自然園入園料300円 の割引チケットを3220円で販売しています。 チケット購入者におむすびとお茶を無料でご用意、おむすびを持ってトレッキングにお出かけください!   ゴンドラ約20分、ロープウェイ約…

続きを読むread more

生産者のご紹介~白馬の地ビール

信州の食材や地元生産者を紹介するこのコーナーに外国の方が登場? ・・・決して間違いではありません。 白馬の水に惚れこみ、白馬村に住み、クラフトビールを造っているコウバーン・ダニエルさん、 正真正銘、信州の生産者の一人です。 造った人が届けてくれるビール、シャンツェの地産地消も国際的になりました。 母国イギリス、ケンブリッ…

続きを読むread more