テーマ:信州 白馬・栂池周辺観光情報

栂池高原観光情報 前山スノーシュー

シャンツェのすぐ裏にある前山(まえやま)は絶好の撮影スポットです。 観光ポスターやパンフレットなどここからの景色が良く使われています。 シャンツェからは約20分で(冬季はスノーシューを履いて)山頂到着。 北アルプスの大パノラマに出会えます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人気の国産ワイン 是非お試しください

今、注目されている国産ワインの中でも特に信州産は人気が高いです。 信州の食材との相性も抜群です。 穏やかで優しい味わいは和食とも合います。 そしてワイン造りの背景を知るといっそう味わい深くなります。 映画にもなった話題の国産ワイン、シャンツェでも一部お出ししています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨飾山 登山情報 Climbing Information Mt.Amakazari

雨飾山は標高1963mと比較的低い山ですがブナ林、雪渓、岩場など本格的な登山が楽しめます。 コースタイムで往復6~7時間、日帰りの山で小屋がありません。 昨年より登山道に仮設トイレが設置されましたので携帯トイレを持参して下さい。(登山口に販売機も有) 今回は紅葉のピークを過ぎたので比較的すいていましたが、新緑と紅葉の混み合う時期は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬岩岳観光情報 HAKUBA MOUNTAIN HARBOR OPEN !

ベビーカーを置いてパンを買う・・・なんて街の中では当たり前の光景、 でもここは標高1200メートル以上ある山の上です。 そして店から出るとこの開放感ー 岩岳に絶景テラス&カフェ・白馬マウンテンハーバーがオープン。 出店しているのは都会で人気のベーカリー、NY発のTHE CITY BERKARYです。 ゴンドラ乗車約8分で山頂に到着、普段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

白馬乗鞍岳紅葉情報 Enjoy Autumn color

現在、栂池自然園、天狗原 白馬乗鞍岳で紅葉が見ごろを迎えています。 栂池自然園入口横から登山道で約1時間弱の登りで天狗原に着きます。 ベンチや木道が新しくなり歩きやすくなりました。湿原には踏みこまない様ご注意ください。 白馬乗鞍岳へは栂池自然園から約2時間30分。ごろごろした岩の登りが続きます。 体調と装備を整えてお出かけく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八方尾根から唐松岳登山情報 Enjoy autumn mountain

夏の賑わいがひと段落、静かな季節へと向かう秋の山をお楽しみください。 プチホテルシャンツェでは八方尾根アルペンラインの割引券をご用意しています。 唐松岳登山にもご利用いただけます。栂池自然園トレッキングや白馬大池登山とあわせてご利用ください。唐松岳山頂への最後の登り、中腹から唐松岳山荘を振り返る。山荘から約20分で山頂へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂池自然園トレッキング  Trekking of Tsugaike Nature Park

ゴンドラとロープウエイを乗り継いで栂池自然園へ。 6月から10月末まで開園、1周 約5.5キロ 3時間半のトレッキングコースがあります。 6月19日現在、入口付近の湿原では水芭蕉が見ごろを迎え、園内は残雪がありますが1周できます。 ヤセ尾根の急な階段や残雪の斜面など注意が必要ですが行く先々で絶景と花々が迎えてくれま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木曽漆器 Japanese traditional craft lacqerware URUSHI

漆(うるし)工芸の町、木曽平沢で今日から3日間、漆器祭りが行われています。 木曽路はすべて山の中・・・ にある木曽平沢地区は木曽漆器の生産地として 400年以上の歴史があり、今なお職人が漆塗りの伝統を守り、100棟以上の土蔵が残っています。 お隣の奈良井宿とともに国の重要伝統的建造物群です。 普段は静かで厳かな職人の仕事場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨飾山麓、鎌池周辺情報  1 hour drive to visit forest and pond

栂池高原から車で1時間弱、雨飾山麓周辺には樹齢200年を越えるブナの森があります。 森の中にある鎌池は1周約2キロメートル、池の周りをぐるりと回ることが出来ます。 今日5月22日時点で鎌池の駐車場まで車で行くことができました。 鎌池より少し先は道路にまだ雪が残っており通行止めです。鎌池にあるぶな林亭は6月中旬から営業予定、公衆トイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新緑と山菜、十割蕎麦をお楽しみください。 

スキーシーズン終了、これからは新緑と山菜が楽しめる時期です。 春の大地のエネルギーを心身で感じてください。 山菜料理はその時々日替わりです。日本海の海産物、地鶏や地豚とのコラボもお楽しみに。 人気の十割そばも必ず付きます。 昨日5月6日で栂池高原スキー場は営業終了しました。冬季のご利用有難うございました。 シャンツェの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然の恵み 山菜パラダイス

今年も始まりました。山菜の季節。 宿泊のお客様に1年中地元の山菜を召し上がっていただけるように保存しています。 毎年恒例の大仕事ですが、新鮮な旬の味を楽しむのは4月下旬から1ヶ月ぐらいがベストです。 様々な種類の山菜が次々と現れます。 ふきのとう、かんぞう、こごみ、タラの芽、こしあぶら、 わらび、ウド、もみじがさ、イラクサ、は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

千国街道 塩の道のご案内 ~ 千国越えコース

日本海(新潟県 糸魚川)から松本城下まで約120キロを結んだ古い街道は”塩の道”とも呼ばれています。 海側から塩や海産物 信州側からは麻やタバコ、大豆などが運ばれた生活、経済の道です。 小谷村には塩の道をたどる8つのコースがあり、自然豊な山道や昔の風情の残る集落や石仏、 古い建造物をたどりながら歴史や文化に触れる事ができます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと山遊び その2  A Little Adventurous 2

季節はずれの4月の雪、2日ぶりに降りやみ快晴。 栂池高原スキー場では5月6日まで上部のゲレンデオープン、ロープウエイも運行されています。 残り少ない雪の季節を是非お楽しみください。 ロープウエイ降り場から白馬乗鞍岳方面へ登りました。新雪は50㎝位あります。 平日にもかかわらず大勢の方が山に入っていきます。苦しい登…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の新雪 

栂池では4月になってから雪が降ることは時々あります。 入学式に雪が積もった・・・という思い出も地元では珍しくありません。 スキーを楽しむ方にはそんな春のギフトが今年もありました。 気温も冷え込み雪質も良い、上部ゲレンデでは30センチ以上の新雪パウダー ちょうどスノーナビのゲレンデレポートの取材中でした。 午後には道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっと山遊び  A Little Adventurous

ロープウエイ利用で栂池自然園から小蓮華山の中腹へ。 順不同ですが山の景色をお楽しみください。 ロープウエイは5月6日まで運行。リフト運行は上部のみですが 昨日(4月3日)の時点でまだ山麓まで滑って降りれる状況です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里は春、山はまだ冬。 栂池高原スキー場営業案内  Mountain is still winter

栂池高原スキー場はゴールデンウイークまで営業しています。 4月1日(日)でゲレンデ下部のリフトは止まり、4月2日から5月6日まではゴンドラとロープウエイ、 栂の森ゲレンデとハンの木第4ゲレンデの運行となります。 3月末現在、まだ充分な雪、そしてこの雄大な白馬連峰の景色、のどかな春スキーの季節です。 2月にパウダースキーを楽しんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2歳児、初めてのスノーボード  First snowborading at the age of 2

プチホテルシャンツェの長年のスタッフ ”クマちゃん” こと熊崎君、 20歳で初めて栂池に来て以来、スノボの世界にはまり、毎年通い続けて来ています。 20年の歳月を経て、宿の手伝いからボードスクールのアシスタント、そしてインストラクターへと成長しました。 その間、結婚もして妻子持ちの立派な親グマにもなりました。 子グマちゃんは2歳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬に戻りました

暖かい日が続きましたがまた冷えこみ雪が降っています。ノルディックコースもピステンで整備中 塩の道の百体観音は数体しか姿が見えません。 明日のゲレンデは新雪滑走が楽しめそうです。 Facebook はじめました。 そちらでも最新情報をご覧ください。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山スキー日和  The Day !

お天気に誘われて、ゴンドラとロープウエイを乗り継いで栂池自然園へ    Let's go to the mountain ski world ... ロープウエイを降りて約10分歩くと栂池自然園です。 夏は高山植物が咲き乱れる栂池自然園も今は一面の雪原です。 スノーシューで奥へ歩く人、さらに山へ登る人、のんび…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栂池ノルディック大会 Tsugaike Nordic competitions

栂池ノルディック大会が開催されています。(今日と明日 3月3日、4日) Tsugaike Nordic competitions are being held behind our hotel. プチホテルシャンツェの裏に本物のスキージャンプ台、シャンツェも登場しました。 ジャンプ台の整備風景です。上部から見るとこんなに急斜面、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキーシーズン 最盛期 See you next ski season !

2月中は雪の量も質も安定する時期で栂池高原もスキーのトップシーズンを迎えています。 海外からのお客様にも白馬山麓の「パウダー」は評判で大勢のお客様が楽しまれています。香港から昨年もお越しになったなったグループのお客様。慣れたもので成田から栂池までレンタカーでまっしぐら 1週間の滞在中にリクエストで朝食に1回、和食をお出ししました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年 栂池高原スキー場情報・ご案内

2018年 冬季 栂池高原ゲレンデ情報・ご案内 今年も情報発信しています。 スノーボードイントラkumaブログ シャンツェに冬の間居候中の”熊ちゃん”こと熊崎君(栂池スキースクールのスノーボードインストラクター)が 栂池ゲレンデ情報始め、イベントや大会、スノーボード関連のアレコレを発信しています。 2月中はしばらく滞在し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生産者の紹介 梅の果汁 「限界集落一番」

夏の間、大活躍だったさわやかな風味の梅ジュース、冬の間も思いがけず人気で追加で仕入れに行きました。 一度見たら忘れられない、「限界集落」という名前とご夫婦二人がモデルのロゴマーク。 長野市中条(旧中条村)で「限界集落一番」というブランドで地産地消の商品を開発・販売をしている 常盤さんご夫妻です。 このマークを見かけたら是非商品を購…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬の楽しみ その2 雪山登山

冬になると現れる栂池の名所(?!) シャンツェ富士。 シャンツェの駐車場にそびえる雪の山、 ソリをしたりかまくらを作ったりジャンプの練習をしたり、大人も子供も楽しめる冬の遊び場です。駐車場を除雪する時に積み上げて作った雪の山で、もとはただの平地です。 雪解けと共になくなる幻の山です。 製作風景をご覧下さい。駐車場の端から順番に、除…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬の楽しみ その1 スノーシュー散策

当館の裏は前山(まえやま)スキー場でノルディックコースとスキーのジャンプ台(=シャンツェ)があります。 建物の形もジャンプ台のような斜めの形です。それで プチホテルシャンツェ というわけなのです。 この前山周辺はスキーコースやジャンプ台を避ければスノーシューの散策も楽しめます。 小谷村では森林セラピー(森林浴を心身の健康増進に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真冬のご馳走 雪中甘藍(せっちゅうかんらん)

豪雪地小谷村ならではの食材のひとつ 雪中甘藍(せっちゅうかんらん)をご紹介します。 甘藍とはキャベツの和名です。 通常は冬前に収穫するキャベツを畑に残したままにします。 そして雪が積もった後に、深い雪の下から掘り出して収穫します。 収穫したものを雪の中で保存するのではなく、土の中に根を張った生きたままで熟成させているのです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日のゲレンデ

今日は快晴。昨日降った雪のおかげでゲレンデコンディションも上々 栂の森ゲレンデからは北アルプスの大パノラマ 一昨日(1月13日)から、ハンの木HIT PARKもオープンしました 主なアイテムは 15mキッカー2発  6mテーブル3発 3mテーブル3発 jibアイテム9個 その他、ウェーブ、ヒップとなっています 栂池…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本日の夕景

冷えています。シャンツェの玄関から望む北アルプス。 夕方の冷たい澄んだ空気に映えるシルエット。 この時期、これから1月下旬頃まで、ゲレンデは雪質が締まり比較的人も少なくおすすめの季節です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more