真冬の楽しみ その1 スノーシュー散策

当館の裏は前山(まえやま)スキー場でノルディックコースとスキーのジャンプ台(=シャンツェ)があります。 建物の形もジャンプ台のような斜めの形です。それで プチホテルシャンツェ というわけなのです。 この前山周辺はスキーコースやジャンプ台を避ければスノーシューの散策も楽しめます。 小谷村では森林セラピー(森林浴を心身の健康増進に…

続きを読むread more

真冬のご馳走 雪中甘藍(せっちゅうかんらん)

豪雪地小谷村ならではの食材のひとつ 雪中甘藍(せっちゅうかんらん)をご紹介します。 甘藍とはキャベツの和名です。 通常は冬前に収穫するキャベツを畑に残したままにします。 そして雪が積もった後に、深い雪の下から掘り出して収穫します。 収穫したものを雪の中で保存するのではなく、土の中に根を張った生きたままで熟成させているのです。 …

続きを読むread more

本日のゲレンデ

今日は快晴。昨日降った雪のおかげでゲレンデコンディションも上々 栂の森ゲレンデからは北アルプスの大パノラマ 一昨日(1月13日)から、ハンの木HIT PARKもオープンしました 主なアイテムは 15mキッカー2発  6mテーブル3発 3mテーブル3発 jibアイテム9個 その他、ウェーブ、ヒップとなっています 栂池…

続きを読むread more

明けましておめでとうございます

雪のお正月です。 元旦の朝は1年で一度だけ、朝食に天然酵母のパンが出ない日です。 今朝の朝食はおせち料理、シャモのお雑煮、筑前煮。 地元産の餅米、卵、肉、豆、野菜… いつもお世話になっている生産者の方々の食材で新しい年を迎えました。 今年もどうぞよろしくお願いします。

続きを読むread more

栂池自然園トレッキングプランのご案内

プチホテルシャンツェでは栂池自然園トレッキングプランが人気です。 パノラマウエイ料金(ゴンドラ+ロープウエイ通常3300円)+自然園入園料300円 の割引チケットを3220円で販売しています。 チケット購入者におむすびとお茶を無料でご用意、おむすびを持ってトレッキングにお出かけください!   ゴンドラ約20分、ロープウェイ約…

続きを読むread more

生産者のご紹介~白馬の地ビール

信州の食材や地元生産者を紹介するこのコーナーに外国の方が登場? ・・・決して間違いではありません。 白馬の水に惚れこみ、白馬村に住み、クラフトビールを造っているコウバーン・ダニエルさん、 正真正銘、信州の生産者の一人です。 造った人が届けてくれるビール、シャンツェの地産地消も国際的になりました。 母国イギリス、ケンブリッ…

続きを読むread more

手作りジャム 美味しさの秘密

シャンツェの朝食、自家製酵母パンのお供にお出ししているジャムは信州産のくだもので手作りしている物です。 季節ごとに果樹園を訪ねジャム、コンポート、パン用の酵母などにして保存しています。 果物のおいしさがぎっしり詰まったジャムはお客様にとても好評です。 美味しさの秘密は、何と言っても新鮮なこと、 加工用のはねだしの果物でなく、木で…

続きを読むread more

栂池自然園 開園 ! トレッキングプランご利用下さい

6月1日 栂池自然園開園しました。 ・・・と、もうすでに水芭蕉が咲いており間もなく見頃です。 こんな早く見頃を迎えるのは初めてのことです。 例年だとまだ一面の雪景色、水芭蕉の見頃は6月下旬から7月上旬、1か月近く季節がずれています。 雪の少なかったことがこんなにも影響しています。 ちなみにこちらが昨年の7月2日、同じ場…

続きを読むread more

山菜パラダイス

今年もやってきました、山菜の季節。 例年より極端に雪の量が少なかった今年は雪解けも早く 山菜もいつもよりだいぶ早く収穫できるようになりました。 山ほどの山菜、1年中お出しできるよう頑張って保存してしていますが、 旬の今ならではの多品種の盛り合わせ、とれたての天ぷらなどお目当ての方はお急ぎください! 今まさに真っ盛り、…

続きを読むread more

作り続けて30数年 ー 山ぶどうジュース

秋の森の中は野性の恵みで一杯です。 山ぶどう、アケビ、サルナシ・・・ サルナシはジャムに、山ぶどうはパン用の酵母とジュースにして保存します。 山ぶどうのジュース作りはシャンツェのオープン以来30数年、 毎年欠かさず作り続けている大事な年中行事です。 数ある手作り食品づくりの中で 一番歴史が長く、一番手間がかかりますが 一番…

続きを読むread more

生産者を訪ねる~安曇野放牧豚(アズミノホウボクトン)

安曇野で放牧で豚を育てている藤原畜産さんの紹介です。 藤原さんご家族は日本でほとんど行われていなかった豚の放牧に取り組んだ草分け的な存在で 現在3代目、お若い飼育者ですがベテランです。シャンツェではこの放牧の豚に実に20年以上お世話になっています。 初めのうちは専門の業者を通すか自然食の通信販売で取り寄せるしか手に入れる方法があり…

続きを読むread more

生産者の紹介  信州黄金シャモ 日本一の栄冠

シャンツェでお出ししている肉料理の中で、大人気の信州黄金シャモ 生育者の中の一人、松下さんから直接分けていただくようになり5年以上になりますが 信州の地鶏として開発された当初は、なかなか買い手が広まらず苦労されていました。 おいしくて安全な鶏を育てるためには大量に飼育せず、鶏に快適な条件を整えるなど 大変な手間と時間、そして…

続きを読むread more

信州の小麦讃歌

現在、シャンツェで利用している小麦粉は料理用もパン用もすべて長野県内産のものです。 麦の品種は様々で信州の小麦はうどん粉と呼ばれる中力粉タイプのものが多いのですが 最近ではパン用に向く強力粉も増えてきました。 さらに今まで育てにくかったライ麦も安定して手に入るようになり ドイツパンのようにサワー種で焼く酸味のあるパンが好きな方に…

続きを読むread more

生産者の紹介  アラヤシキの住人たち ~ 本と映画のご案内

小谷村の中でも人里離れた山の中、車の通れない山道をしばらく歩いていくと集落があります。 まるでおとぎ話のような世界ですが、そこでは今も自給自足に近い暮らしを続けている人たちがいます。 シャンツェで公私ともにお世話になっている共働学舎の方達、 その暮らしの原点である真木集落のお話が写真絵本&映画になりました。 写真絵本では…

続きを読むread more