木曽漆器 Japanese traditional craft lacqerware URUSHI

漆(うるし)工芸の町、木曽平沢で今日から3日間、漆器祭りが行われています。
木曽路はすべて山の中・・・ にある木曽平沢地区は木曽漆器の生産地として
400年以上の歴史があり、今なお職人が漆塗りの伝統を守り、100棟以上の土蔵が残っています。
お隣の奈良井宿とともに国の重要伝統的建造物群です。
画像

画像
普段は静かで厳かな職人の仕事場で、年に一度の大漆器市、掘り出し物を探すほか、
多くの芸術作品や職人さんと直接触れ合えるのも魅力です。
専門家による「木曽漆器のある暮らし」の食卓展示もあり、 明日は実際に料理が盛り付けられるそうです。
画像


なんと、偶然にもそこで見本展示されていた器のひとつを私たちも買ってました。
平沢で買ってきた木曽漆器いろいろ、信州の伝統工芸品にシャンツェの食卓で出会える時をお楽しみに!
画像