天然酵母パンの宿−自家製酵母と白馬・栂池高原の情報

アクセスカウンタ

zoom RSS 生産者の紹介 梅の果汁 「限界集落一番」

<<   作成日時 : 2018/02/01 22:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

夏の間、大活躍だったさわやかな風味の梅ジュース、冬の間も思いがけず人気で追加で仕入れに行きました。
画像
画像
一度見たら忘れられない、「限界集落」という名前とご夫婦二人がモデルのロゴマーク。
長野市中条(旧中条村)で「限界集落一番」というブランドで地産地消の商品を開発・販売をしている
常盤さんご夫妻です。 このマークを見かけたら是非商品を購入して応援してください。
奥様がちょっと体調をくずして、今はご主人一人で商品を作っているそうです。
保存してある梅でつくった、ちょうど出来たばかりのジュースを作業場から出してきてくれました。
画像
現在86歳、周りの方の手も借りながらもほとんど一人でものづくりに励んでいるそうです。
漬物や焼き芋なども家庭で作るものと同じ材料、同じような作り方、添加物は使いません。
田舎の祖父母のうちにあるような、なつかしくてホッとする、そんな商品がたくさんあります。
画像
画像
厳しい寒さの中で食品をつくり、帰りには見送ってくれる温かさ、
応援しようだなんて思い上がりでした。
常盤さんの姿と手作りの味こそ私たちを力づけてくれます。
安心安全な食べ物、そして地域や他者への思い。働き者だけでなく、勉強家で努力家、何一つかないません。
限界集落一番の底力に触れて、是非そのパワーのおすそ分けをいただいてください。
インタビュー記事の抜粋です。

ここは「限界」かもしれないけど、水も、空気も、そして人柄も最高にいい。「一番」っていうのはちょっとハッタリというのもあるけれどね(笑)。それでも過疎の田舎だけれど、爺婆2人で、地産地消って言って、作れる分だけ作って、売れてしまえば「よく売れたなあ」って言って。それがまあ、面白いなあ。苦労も楽しいわい・・・

こちらで全文をお読み下さい!
信州魅力人 限界集落一番のお話 その1 うちの商品には「戸籍」がある
信州魅力人 限界集落一番のお話 その2 その道に入った以上、一生勉強しなければ


栂池高原プチホテルシャンツェ ホームページ◆周辺の観光やスキー場情報・山の写真・信州の食材等 更新中◆
Facebookはこちら

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

生産者の紹介 梅の果汁 「限界集落一番」 天然酵母パンの宿−自家製酵母と白馬・栂池高原の情報/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる