杏ジャムができました

画像 画像

信州は日本一の杏の産地。
収穫の季節になると生産者の方から連絡が来ます。
ちょうどよい時期に朝採ったものを分けて下さるのです。
そのおかげでシャンツェで作る杏ジャムは樹で熟れた上等の物。
生食用にも贈答用にもできるぐらい立派な杏です。
連絡をもらって気楽にとりに行かせてもらっていますが
梅雨の合間の収穫で農家の方は天気まわりや熟し具合など何かと気を使い大変です。
育てた方の気持ちがこもった杏のジャム、甘酸っぱく色鮮やかに仕上がりました。

画像 画像
杏にも色々な品種がありますが
コンポート(シロップ漬け)には信山丸、ジャムには昭和が向いているそうです。
新品種ハーコットは生食用の杏で新しい味わいで最近人気だそうです。
杏なのにすっぱくない、でも杏の香り。 赤みが濃く、果肉がしまって美味。
まだそれほど出回らないようですが見かけたら是非お試し下さい。

さて、杏仕事が終ったとほっとする間もなく、ブルーベリーの季節がやってきました。
庭ではラズベリーが次々真っ赤に熟し、野山では桑の実も色づいています。
桑の実は赤い実が熟すと黒くなり甘くなります。
紫、赤 黒の小さい実にせかされるように夏が深まり、しばらく夏の実のジャムや酵母作りに追われます。
画像

画像 画像