バレンタインデー 魅惑のチョコレート

画像

画像 画像 画像
シャンツェの”ぱんこうぼ”ではパンもケーキも地元の粉や卵、果物を使い、
なるべくシンプルな材料で素材の味が生きるようにしています。
チョコレート となると地元の恵み ー と言うわけにはいきません。
でも楽しみのひとつとして時々登場させています。
今日はバレンタインデー  甘い誘惑、ちょっと贅沢。
お客様のデザート用、プレゼント用、家族用、自分用にと思いきりチョコ三昧。
やはり素材の味のいきたものを求め、チョコレートはカカオ分64%のクーベルチュールチョコレート
ココアはオーガニックココアを使って作ります。
画像 画像
日本で輸入しているチョコレートやココアの原料であるカカオ豆の約7割はガーナ産だそうです。
現地の貧しい農家では子供達が学校に行かず厳しい労働環境におかれている現実があります。
子供達は食べた事のないチョコレートのために働いています。

大切な人を想い合い、美味しいチョコレートを食べる時、
豊かさの裏にある色々な事にも気持ちを向けていかなくてはと思うのです。