生産者を訪ねる~紅玉りんご

画像
プルーン、ネクタリンなどでもお世話になっている小布施のアップルライン沿い、いわい園さんの紅玉。
紅玉は昔なつかし、小ぶりで真っ赤なりんごです。
現在、様々な品種がある中でもりんごの原形を保っている品種で、酸味と香り、かたい果肉が特徴です。

しかし、保存性が悪く(ボケやすいので長持ちしない)、生産性も良い方ではなく、
嗜好の変化に伴い、大ぶりで甘いりんごに人気が移った為、減産されてきた経緯があります。
ひところは本当に紅玉は、手に入りにくく貴重なものでした。
そんな中でもいわい園さんが、紅玉を作り続けてくれたおかげで、私達もずっと使い続けることができたのです。

紅玉りんごのジャムは、りんごらしい香りと甘酸っぱさがあり、天然酵母のパンと特に相性が良く、
シャンツェの朝食では、一番人気、お土産用にも一番売れています。
調理用、加工用には、紅玉の酸味と香り、歯ざわりのよさに勝るりんごはなく、
アップルパイや、焼きりんご等も紅玉ならではのおいしさ、
近年、また注目され人気が出て、大分増産されるようになったようです。

いわい園のりんごは、無袋りんご。色づき良く、ムラなくするために袋をかける方法もあるのですが、
袋をかけず、太陽の日差しをいっぱい浴び化学肥料、除草剤を使わず栽培されています。
色々な種類のりんごを育てています。伺うといつも その時期のりんごを並べて味見させてくれます。
画像 画像
紅玉の時期は終りましたが、いただいてきた紅玉が、まだたくさん、、、
ボケやすいので冷蔵庫で保存しながらジャムに、コンポートにと追われて作っています。
これから、蜜入りで人気のサンふじの季節です。
こちらは保存が利くので、贈答用に、生食用にとしばらく活躍してくれます。
いわい園さんでは、地方発送もしています。
自家用、贈答用いろいろありますので、ご希望がありましたら、連絡してみてください。
シャンツェの紹介ですと言っていただくといろいろ相談に乗ってくれます
 長野県 小布施町 いわい園 TEL 026-257-2715 (了解をいただいて掲載しています)
http://www.nagano-tabi.net/contents/Search/index.php?mode=disdetailsisetu&cityid=105&junleid=77&indexid=5