天然酵母パンのお供たち NO6 信州果実のジャム

画像
夏の果物のジャムが出揃いました。
ラズベリーあんずブルーベリー  今年の新物です。
季節ごとに作ったジャムを瓶に詰め、煮沸しておけば1年以上保存できますが、
やはり新しいほうが、色も香りも鮮やかです。
シャンツェで販売しているジャムは6種類、これから秋にかけて、ネクタリンプルーンりんごと続きます。
まだ、昨年作ったものが、少し残っていますので、今は、全種類あります。
どの果物も信州で育ったもの、砂糖だけで煮詰めています。
それぞれの時期に生産者を訪ねるのも、毎年恒例のお楽しみ、
育ててる人の苦労や、喜びを感じることで、作るものにも愛着がわきます。
その美味しさや大切さを手渡す相手にも伝えるべく、良いものを作らねばと気合も入ります。

ジャムを作る時に必ず、パン用の酵母も仕込みます。
果物と水だけで酵母が起こせ、パンを膨らませることが出来るのです。
時には、取り除いた、タネや皮も一緒に発酵させます。

同じ物から作られる、姉妹のような、友のような関係。
果物から作られた果実種(かじつだね)の天然酵母パンとジャムは、
季節の恵みと、育てた人の気持ちと、私の思いがギュッとつまり、共に成り、共に引き立てあう存在です。