季節の香りを楽しむ NO4 ネクタリン

画像 画像

杏より大きくて、桃より小さい、信州の黄桃ネクタリンは夏の陽ざしをたっぷり浴びて育った果物です。
赤みを帯びた皮の中に明るいみずみずしい橙色の果肉。
そのままでも甘みの濃いネクタリンをジャムにするととろりと甘いデザートになります。
桃の缶詰やコンポートを砕いたような美味しさです。
シャンツェのジャムはどれも果物の2割程度しか砂糖を加えていませんが
よく熟れた実は水分と甘みを含んでいるので自然な甘さのジャムに仕上がります。
今年は台風で実が落ちてしまい心配でしたが、その後の猛暑で残った実はいつも以上に
甘みの強いものになったようです。
その年、その年 自然条件が違う中で作物をそだて美味しいものを作る農家の方の苦労は大変なものです。
ネクタリンジャムの甘さにうっとりするだけでなく、大地の恵みや人の労力にも感謝しなくてはいけませんよね。
出来立てのネクタリンジャム、今年は一段とおいしく仕上がりました。

いわい園さんではネクタリンのほかりんご、プルーンなどいろいろな果物を育てています。
贈答用のりんごは特に人気です。是非ご利用ください
画像 画像