信州の地粉

私達の住む長野県は、小麦粉の消費が日本一多く、家庭でも、おやき、すいとん、手打ちうどん、天ぷらなど日常、手作りしている家庭も多い ”こなもの”の好きな県民です。
信州の地粉は、ほとんどが中力粉です。地粉は、黒い、グルテンが少ない、コシがないと言われていますが、最近、食の安全や、地産地消が注目されるにつれ、元来の風味や旨みが再評価されています。
地粉を大切に考える消費者、生産者が少しずつ増え、製粉会社でも国産小麦の見直し、新品種の小麦の開発に取り組んでいます。
パン作りに向くようなたんぱく質の多い強力粉も作られるようになってきました。
日本の小麦粉は9割が輸入原料によるといわれる中で、自分の地域の麦を利用できるなんて、何とぜいたくなことでしょう。どんどん利用され、増え続けてほしいものです。
外国産のグルテンの多い粉は、よく膨らみ、軽いさっくりしたパンになります。
ふんわりしたパンも美味しいけれど、地粉の素朴な甘み、深い風味、どっしりした食べごたえのある味も日本人の(私の)口に合います。
ずっとシラネ小麦は利用してきましたが、新しい地粉をいろいろ試してみました。
ふくらみだけでなく、生地の伸び、やわらかさ、味わい、それぞれ違う、なんとも楽しい美味しい実験です。

画像 画像
柄木田製粉  長野県産小麦100%シリーズの粉 4種
比較のため、外国産のユニバース、北海道産と混合の北のめぐみ