酒種について NO.4種継ぎ

酒粕、甘酒、どぶろく等から起こした酵母は、液体状で酒種としてパン焼きに利用できますが、小麦粉と水を混ぜながら発酵を促し、パン種を安定させながら増やしていくことも出来ます。液状の酒種に小麦粉を加え、ゆるい粘土状にして発酵させます。
あとは、パンを焼く時に使った酵母に、新しい粉と水を加え、少なくても週1回、常に水と粉と空気を混ぜ込んでおくとパン種としてずっと使い続けることが出来ます。
最近、酒饅頭の種継ぎにもち米の粉を加えることもあると知りました。
酒種パンの種継ぎに小麦粉の代わりに米の粉で試してみたら、うまくいってくれました!
ちゃんと膨らむ、しかも甘い!
米のでんぷんのおかげなのでしょうか。酒種だから相性もいいのでしょうか。
「米粉のパン」で登場した かくひらさんの有機米の米の粉が大活躍してくれています。
2月に種継ぎを始めてもうすぐ3ヶ月、いまのところ元気なパンを焼き続けています。
他の酵母も米の粉で種継ぎができるのか、いづれ試してみるつもりです。