芽が出て ふくらんで

1月13日 ソバも発酵するかも! の続きです。
ソバの実と水をビンに入れ暖かくし一日一回ふたを開けます。
他の酵母と同じように4-5日すると発酵しぶくぶくと泡が出始めるでしょうか?
4日後ビンの水の中でソバの実が3-4粒、発酵ではなく発芽しました。
これはどうしたものか、、そのまま様子を見ていると2-3ミリ伸びた芽がとけてくさりはじめました。
あー なんということ  水につかりっぱなしなのですから当然といえば当然のこと。
どんより沈むソバの実のように一気に気持ちも沈んでいく・・
ここは いさぎよく腐らせてしまったソバの実に詫びをいれ 捨てます。
気をとりなおしソバの実を発芽させてみます。
子どもの夏休みの宿題、カイワレやもやしの発芽、 あの要領です。
殻のついたままの実(玄ソバ)と殻を取ったもの(丸抜き実)、両方同じように毎日水をとりかえ、蒸発したら水を足し   待ちます・・・・・
3日後芽が出始め、5日後にはほとんどのものが発芽しました。

玄ソバの黒々したたくましさ、丸抜き実の淡い若草色のつややかさ、
うっとり見とれるうち しぼんだ気持ちが再びふくらんで
またまたソバ酵母への夢が続きます。
画像