手入れ終了

画像
30数本の酵母をチェックした結果、一番元気が良かったのが山葡萄の酵母。
春の杏や夏のブルーベリーに比べて、この秋仕込んだばかりなので勢いがあるのはもちろんなのですが、山葡萄の酵母は本当に発酵力が強いのです。ブドウという果実にもともと酵母が多いのは、ワイン作りなどでも明らかなことですが、加えて深山の野生の山葡萄となればなおさらのこと。季節がめぐって次の秋の収穫の時までパンになる発酵力を保ち続けます。
粉と酵母、水、塩のほかは何にも入っていないのに、たくさんの気泡、このふくよかさ !
今は新しいのでクセも少なく、ぶどうジュースを加えたようなやさしい味。
だんだん熟成が進むと豊酵な味わいに、そしてやがてビネガーのような酸味の強いものに変わって行きます。
どの酵母にも愛着はありますが えこひいきではないけれど、山葡萄酵母には特別、ほれこんでいるのです。
何が入っているのか不明ですが、誰かさんもふくよかです