アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「パン講演、講習」のブログ記事

みんなの「パン講演、講習」ブログ

タイトル 日 時
祝 「パンの文化史」 復刊
祝 「パンの文化史」 復刊 絶版になっていた「パンの文化史」が復刊され、著者の舟田詠子先生の記念の講演会が開かれました。 この本と先生との出会いでパンの捉え方や目指す方向に多大な影響を受けた私としては 何をさしおいても参加したい講演でしたが、時はスキーシ−ズン真っ只中、どうあがいても叶わないのでした。 割り切れない気持ちでしたがあきらめて本を取り寄せました。(手前、講談社学芸文庫 奥は朝日選書1998年版) 多くの人にお薦めしたいと思いつつ、絶版の為手にしていただく機会がなかったのですが今こそ強くお薦めします。... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/27 21:48
自然発酵のパン作り体験
自然発酵のパン作り体験 ※今年度は終了しました。来年度も予定しております※ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/06/04 23:00
舟田詠子先生 講演会 「パン 人生の一部」
舟田詠子先生 講演会 「パン 人生の一部」 待望の本が出版されました。 「パン 人生の一部」  パン文化研究者、舟田詠子先生がドイツ語で書かれた本です。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/11/29 22:18
舟田先生講演会A ヒトの形をしたパンは何を意味する
舟田先生講演会A ヒトの形をしたパンは何を意味する 東京で行われたパンの講演会は個人の素敵な住居で、椅子を並べ参加者60名で行われました。 ヨーロッパでは12月になると町中のパン屋さんにヒトの形をしたパンが現れます。 1年の終わりに新しい年への願いー作物の豊穣や長寿など幸福への祈りを託し祭りが行われます。 麦で作られた衣装を頭からすっぽりかぶった人や、魔物のお面をつけた人たちが登場し 神や自然、人間の力の及ばないものへの恐れ、そして祈りを捧げる行事。 そのお祭りの頃になるとヒトや魔物の形をしたパンがたくさん焼かれるのだそうです。 食べ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/14 13:41
舟田詠子先生 パン講演会@
舟田詠子先生 パン講演会@ パン文化研究者の舟田詠子先生がお越しになりました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/07/04 23:55
舟田詠子先生 講演会 「パン屋さんの課題」 
舟田詠子先生 講演会 「パン屋さんの課題」  「パンの文化史」著者の舟田詠子先生の講演があり東京へ出かけました。 舟田先生は、ヨーロッパの民俗学に詳しく、歴史や文化と共に食文化の研究をされています。 今回の講演は 「パン屋さんの課題」 という題で3代続くオーストリアのパン屋さんの例を元に話されました。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2008/11/11 21:32
舟田詠子先生 講演会 「魔女のパン窯」
舟田詠子先生 講演会 「魔女のパン窯」 パン文化研究者の舟田詠子先生の講演が年に2〜3回 東京で開催されます。 シャンツェのパンを講演会で利用していただきました(当日のブログはこちら) 情報サイトALL ABOUT のパンのガイド、清水美穂子さんの記事、許可をいただき掲載します。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/11/10 21:49
古代の風  パンの文化をさかのぼる
古代の風  パンの文化をさかのぼる 私の愛読書の一冊に「パンの文化史」があります。 著者の舟田詠子先生は、食文化の研究家で特にパンの歴史、文化に詳しい方です。 今回、知人のイタリア旅行の話に触発され、改めて読み直してみました。 人が麦を食べ始めたのは、7〜8000年も昔々のこと 5〜6000年程前にはすでに発酵パンが食べられていたといいますから 人と酵母の付き合いだって相当なもんです。 本には古代エジプト、古代ギリシャで行われていたパン作りがローマに伝播し,大規模設備、大量生産の幕開けになった過程が記されています。 ポ... ...続きを見る

トラックバック / コメント

2007/01/20 23:19

トップへ | みんなの「パン講演、講習」ブログ

天然酵母パンの宿−自家製酵母と白馬・栂池高原の情報 パン講演、講習のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる